徹夜で子作りしたいなら、タダシップが便利

男性機能を高めて、本格的に子作りの用意をしたい、というカップルにはタダシップという商品がオススメです。
この商品はED治療薬の一つで、その分野では有名なシアリス系統の医薬品です。
ED治療薬と言えばバイアグラがトップランナーと言われていますが、医薬品のシェアと効果は分けて考えたほうが良いでしょう。
バイアグラ系統のジェネリック医薬品は、主に即効型になります。

素早く性行為に移りたいカップルには最適な商品ですが、じっくりと愛を確かめ合いたい男女には持続型のタダシップが適しています。
即効型の医薬品は効き目が現れやすく一見お得ですが、その反動としてピークが出るのも早めで、60分から90分といった時間制限が、子作りに加わる事になります。
単純に愛を女性に注ぎ込むという行為だけなら、確かに60分もあれば十分かもしれません。
しかし、慌てて進める性行為は、二人にとって満足行く内容にはなりません。
子作りを進める上で大事な点は速度ではなく、何回も互いに求め合う事でしょう。

タダシップなら最大36時間という、24時間を楽々と越える余裕が得られます。
服用する時間は、基本的に決まっていてベッド・インの1時間前になります。
ただ、シアリス系統の医薬品は効果が出るまでに時間が掛かるケースもあるので、杓子定規に1時間とタイマーで計るのでは無く、自分の体調をよく観察しましょう。
持続型のタダシップは、3時間から4時間頃が最もピークで、性行為に適した体調になる、とも言われています。
1時間前の服用はあくまで目安として考えて、後は夫婦で相談するのもオススメです。
また持続時間が最低でも24時間は確保されているので、とりあえず夕方から深夜の時間帯に服用しておき、気が向いたら、二人でホテルやベッドに向かうという方法も十分アリです。
子作りを成功させるためには、生々しい言い方ですが一夜の回数が大事です。

男性によっては最初の射精が弱い事もあり、二度目の射精の方が、妊娠に良いという意見もあります。
男性機能が低いままでは、一回戦で満足してしまい適切な子作りが出来ません。
タダシップを使えば、高い男性機能と持続力が手軽に得られ、一晩を通じて効果が作用するので、もう2回、3回は当然のようにチャレンジ出来ます。
男性機能に余裕が出てきたら、性行為の幅も広がるでしょう。

何も挿入ばかりがテクニックではありません。
最初の射精が弱い、または量が少ないタイプの旦那様なら、あえて一回目は挿入せずに、奥様の手や口で済ませるのも良いアイデアでしょう。
シアリス系統のジェネリック医薬品を事前に服用しておけば、1回や2回果てるだけで満足してしまう事はありません。
一晩だけではなく最長36時間ですから、昨夜服用した時間帯が遅ければ、翌日の12時や3時ごろまでは余裕で効果が継続します。
スケジュール調整がし易いGW中や連休期間中には、夫婦で寝食を忘れて、子作りに徹夜で没頭してみるのもオススメです。

Comments are closed.