タダシップで若返り夫婦仲も上々です

年齢を重ねて40代半ばにもなれば、様々な場面で「もう、年だろうか」と思う人は多いのではないでしょうか。
それは、重たい荷物を運ぶ・企画会議で斬新なアイディアを出す・スポーツをする等の面も当てはまりましょうが、それだけではなくパートナーとの「夜の営み」についても同様の事が言えるかもしれません。
しかし厚生労働省の発表によると、日本人の平均寿命が男性では79.94歳で、女性が86.41歳となっていて、「人生80年、90年」の時代になっている模様です。
それを考えたら40代等は、まだまだ若い年代と言っても過言ではありません。
しかし、その様な事を言っても仕事は忙しすぎるほど忙しいし疲れは抜けないし、パートナーからの要望にも応えたいのは山々だけれども、どうしたら良いのかと悩んでいるのなら、まずは青魚や生野菜などを中心とした食生活の改善から行う事が大切です。
その上で勃起不全治療薬である、アメリカに本社のある抗うつ剤等の製造・販売も行なっている企業が開発したシアリスという薬を利用する方法があります。
この薬は2003年に発売を開始し全世界で100カ国を超える国々で1000万人を超える患者さんに使用され、2009年7月1日以降は日本法人が出来て、日本の医療機関等でも入手が可能となっているのです。
しかし大きな問題が一つあり、非常に高価であるということです。
ある個人輸入代行業者で調べてみるとシアリス20mgが、1錠当たりがおよそ1512円程度するので、富裕層でなければ日常的に使用する事は難しいと言わなければなりません。
ましてや先日消費税が8パーセントに改正されたのに、職場の給料は据え置きであるというのが一般的でしょう。
その様な中で彗星のごとく、シアリスのジェネリック医薬品であるタダシップが登場しました。
この薬の気になる価格は一錠当たり342円とシアリスと比較して約4.4倍以上も安く、そしてジェネリック医薬品ですからシアリスとほとんど同じ成分で出来ているので一般庶民にとっては有り難い限りです。
しかし、タダシップは日本での認可が下りていませんので、日本の病院等の医療機関で入手することは出来ませんので、個人輸入代行の業者を使い薬を手に入れなければなりません。
インターネットを利用出来る環境にあれば、大手の検索サイトにて「薬」「個人輸入代行業者」という2つの検索キーワードを使って検索をして見ると多くの業者がある事がわかります。
サイトの運営業者名が掲載されている・プライバシーポリシーが明記されている・少なくとも商品を精算する場面ではWEBブラウザーのURL欄に鍵マークが付き、「https:」という文字列で始まっている事を確認出来れば、信頼性の高い業者のサイトと考えられますので利用しても問題ないでしょう。
それでは、タダシップはどの様な仕組みでペニスを固く勃起させる事が出来るのかを説明して行きます。
この薬の有効成分は、5型ホスホジエステラーゼという物質から生成される酵素の活性を阻害する事によって、一酸化窒素(nitricoxide)を神経細胞に作用させ、ペニスへの血流を良くします。
するとペニスには血液が集まり、そこにパートナーの性的なしぐさや香りがあり性的興奮を覚えるとペニスはタダシップを飲まない時に比較すれば、若い頃を彷彿とさせる勃起するペニスを体感出来ます。
セックスを行う30分前に水で服用しておくだけで後はその時を待つばかりであり、タダシップの薬の効果は24時間から最大36時間程度です。
ですから、十分すぎる程の効き目と言っても過言ではありませんが、36時間効果が続いたら職場等で恥ずかしい思いをするのでは無いのかと心配される人もいるでしょう。
しかし、性的興奮が起きなければペニスが勃起する事はありませんので、職場等で問題が起きる事はありません。

Comments are closed.